”5番”「改訂版」のコンセプト

前回の記事で、いわゆる「改訂版」の編曲のコンセプトは、「後期ロマン派的」と書きましたが、そのことについて、もう少し掘り下げてみたいと思います。

すなわち「ロマン派音楽」の時代というと、”文学趣味”の時代ということができます。この時代の音楽は文学と密接に関係していて、交響曲という絶対音楽の世界でも、何らかの文学的(というよりも、物語的といったほうが良い)なものを表現することが、よく行われてきました。
その先駆けがベートーヴェンですね。交響曲第3番や第5番で、ある特定の思想や物語を表現して、さらに第9番では、交響曲に声楽を持ち込んで、その思想を直接言葉で伝えるまでになりました。
その後の交響曲作家たちも、ベートーヴェンの後継者となることを目指していました。

ブルックナーの周辺で言えば、ワーグナーは歌劇の世界で独自の地位を確立し、マーラーは生涯物語性の高い作品を書き続けました。(彼の11曲の交響曲は、まるで音楽による、私小説のようなものです。)

交響曲を”音楽による物語”と捉えると、以下のような作曲技法になります。

単純な繰り返しは、行わない。
物語とは、時間軸に沿って、物事が進行していくこと。まったく同じことが、繰り返されるということはありません。したがって、音楽の世界でも、単純な繰り返しは避けられることが普通になります。実際、後期ロマン派の交響曲では、繰り返すという習慣は、あまり採られないようになってきます。

変化は滑らかに行われる。
物語では、ある物事が起きるためには、その原因となるものが必要です。したがって音楽の場合でも、その変化のプロセスが、ちゃんと表現される必要があります。そのプロセス=楽曲の構成ということになって、その構成の美を競うことが、言わば作曲家の腕ということになります。

ところが、ブルックナーの交響曲は、そういった、”時代様式”の対極にあります。言わば「アナログ」的な曲作りが時代様式とされていた時代に、「デジタル」的な曲作りを行っていたため、当時の聴衆からは、理解されなかったわけです。曲の切れ目で多用された、全休止も、不評をかう原因になっていました。物語としての連続性が、その休止によって途切れてしまうと、解釈されたからです。
後期の第7番や第8番の交響曲が、初演のときから好評だったのも、物語性を取り入れた、楽曲構成になっていたからだとも思います。

すなわち、”改訂版”のコンセプトとは、ブルックナー特有のデジタル的な曲作りを、できるだけ、当時の時代様式である、アナログ的な曲作りへと近づけようとした、ということになります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

"5番"の「改訂版」を聞いて分かったこと

以前ここのブログの「不思議なブルックナーの楽譜」で紹介した、「改訂版」を聞いてみて、私なりにこの編曲のコンセプトを分析してみると、こうなります。

すなわち、「余分な繰り返しは、避ける。」こと、そして「急激な音色の変化は、避ける。」ことです。

繰り返しのカットの例では。スケルツオ楽章が、その典型です。

ブルックナーの多くのスケルツオ楽章の形式は、判で押したように、主部+中間部+主部(そのまま繰り返し)という形式で作られています。すなわち、中間部が終わったら、すぐ主部の先頭に戻って、主部を丸ごと演奏して終わり、という構成です。それが「改訂版」では、主部の途中(冒頭と同じ主題が出て来る場所)に戻って、そこから主部の最後まで演奏して終わるようになっています。すなわち単純に繰り返さず、繰り返した後は短縮するか、変化を付けるという、コンセプトですね。

こういった、"まったく同じ繰り返しを嫌う"という曲の作り方は、言わばブルックナーの次の世代の作曲家たちの間では、普通になってきます。("次の世代"の代表選手というと、マーラーです。音楽史では、「後期ロマン派」と呼んでいる時代です。)
この「改訂版」の"編曲"を行ったのは、ブルックナーの弟子のシャルクという人で、まさに"次の世代"の人。当時の習慣に従って、スケルツオの繰り返しを短縮したことになります。

次の「急激な音色の変化を避ける」は、少し説明を要します。
おそらく、ブルックナーの曲を最初に聞いた人がまず戸惑うのは、その急激な音量や音色の変化です。曲の途中で、いきなりバーンと音が大きくなったり、せっかくすばらしく盛り上がっていた曲が、突然途切れて別の主題が出てきたり・・・。場合によっては、いきなり背中を「わっ!」と、押されたような印象を受けます。

そもそもブルックナーさんは、オルガン(ここで言う「オルガン」とは、パイプオルガンのこと)演奏の名手だったので、そういった意味では音色や音量の急激な変化は、言わば"普通"のことでした。(オルガンは、徐々に音色や音量を変化させるのは、むしろ苦手な楽器です。)
しかしこれが、当時から評判が悪かったようで、「改訂版」では、その部分をできるだけ是正しようとした跡が、あちこちに見られます。

例えば、スケルツオの終わりの部分が、その典型です。「原典版」では、金管が終始ffで"吠え"ているのに対して、「改訂版」では、まず弦がffで始まり、続いて木管のトリル(ピッコロが増強されている!)が加わり、最後の数小節でようやく金管の刻みが、それもpからクレッシェンドしながら入ってきて終わるという、非常に手の込んだつくりになっています。

この"手の込み方"が、すなわち「後期ロマン派」的なわけです。では、なぜこういった編曲になったのかの考察を、次の記事で・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

不思議なブルックナーの楽譜

ブルックナーの交響曲が好きです。中学生の頃、クラシックを聞き始めた頃は、大して好きでもなかったのに・・・。
それが、ブルックナーが好きになり始めたのは、ここ10年くらいの間。なんというか、”大きなものに抱かれているかのような、安心感。”が良いですね。
好きな曲といえば、7番も8番も良いですが、5番もなかなか捨てがたいです。特に、あの壮大な終楽章。ラスト数分間のコラールの音の洪水は、何ともいえない快感を感じてしまいます。

ところで先日、この5番の”変わった”楽譜を見つけました。輸入版で、出版元は「WARNER BROS. PUBLICATIONS」。タイトルは「Anton BRUCKNER SYMPHONY No.5」とだけ書いてあって、明らかに”見慣れた”「国際ブルックナー協会」全集版とは異なる譜面づら。「ノヴァーク」とも「ハース」とも何処にも書いてなくて、編曲者の名前すら記載されていません。ページを繰って行くと、最後のほうには通常のオーケストラとは別に、金管のファンファーレ隊が登場して、打楽器パートには、シンバルとトライアングルまで追加されている・・・
「これは、あの”悪名”高き(?)、『改訂版』というヤツか?」と思って、早速買ってきました。

早速、この楽譜が”音”になっている録音を、聞いてみたくなりました。確か、クナッパーツブッシュが、ブルックナーの交響曲では、「改訂版」を好んで演奏していた、という記憶を頼りに、”クナ”の”ブル5”のCDを聞いてみました。

思ったとおり、この”不思議”な楽譜が音になっている演奏でした。
いわゆる「原典版」を聞きなれている耳には、まったく印象の異なる曲が聞こえてきました。オーケストレーションに限って言えば、(専門家でもないσ(^_^)の耳では、そこまでしか”追う”ことはできない。)あるはずの楽器が省略されている。(スケルツオのクライマックスの金管が抜けている。)すなわち、ここでコケます。
一方で、余計な楽器でメロディーが補強されている。(終楽章冒頭で、原典版ではクラリネット1本で提示されるテーマの断片が、改訂版では繰り返されるたびに楽器が増えていき、終いにはフルートやホルンまで増強されます。(^◇^;;)すなわち、ここでのけぞります。
こんなコケまくり、のけぞりまくりの曲が、5番の”改訂版”です。

しかし、最後のクライマックスには、思わず納得してしまいました。ファンファーレ隊が、コラール主題を吹き鳴らし、シンバルが轟くといった譜面づらから連想されるような、(例えば、ショスタコービチの「祝典序曲」みたいな)お祭り音楽になるのかと思いきや、さにあらず。しっかりキメてくれました。長大で、それまでにもいくつもクライマックスのある終楽章。もともとこの最後の部分は、「ここでもう一超え、音響的な”何か”の補強が欲しい。」と思っていた部分ですが、その欲求不満を、見事に解消してくれました。

「これは、”改訂版”一概に毛嫌いするべからず。」との認識を、新たに抱かせてくれました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)