愛・地球博記念公園 5

会場内を1周していた遊歩道、「グローバル・ループ」が、一部だけ残されています。
しかし、テントは破れ、支柱もあちこち塗装がはげていて、年月の経過を感じさせています。

2012_05_27_expo5_1


「グローバル・ループ」が残されている部分の、解説版。
木のデッキで歩きやすく、照り返しも無く、景色も良かった印象があります。
言わば、愛・地球博そのものを象徴するような建物でした。

2012_05_27_expo5_2


撮影日:2012年5月27日

| | コメント (0) | トラックバック (0)

愛・地球博記念公園 4

ぱっと見は、普通の野球場ですが、ここもかつての会場内です。
すっかり元の、多目的運動場に戻されています。

2012_05_27_expo4_1


実はここは、かつての「グローバルコモン3」の跡地。
ヨーロッパ・地中海沿岸諸国のパビリオンが建ち並んでいた場所です。
言われてみれば、コモン3を囲むように建っていた照明塔は、もともと野球場の夜間照明塔だった事がわかります。
2012_05_27_expo4_2


撮影日:2012年5月27日

| | コメント (0) | トラックバック (0)

愛・地球博記念公園 3

愛・地球博記念館。
会期中は、「迎賓館」として使用されていた建物なので、会期中は近寄る事も出来なかった施設です。

2012_05_27_expo3_1


館内には、博覧会に実際に展示されていたものや、使用されていたものが陳列されています。
展示物は、シャッターを使わなければ撮影OKですが、館内が暗いので、出来た写真は、ちょっと不気味な感じになってしまいます。 (^^;

「めざめの方舟」に展示されていた、擬人像。
これは、もともと不気味な印象だったので、むしろ感じが出ています・・・ (^^;
2012_05_27_expo3_2


「アメリカ館」の「フランクリン像」。
酷く不気味な感じになってしまいました。 (((^^)
2012_05_27_expo3_3


撮影日:2012年5月27日

| | コメント (0) | トラックバック (0)

愛・地球博記念公園 2

万博マスコットの、この"人"たちも、まだいました。
人気は、未だ衰えていません。

2012_05_27_expo2_1


2012_05_27_expo2_2


撮影日:2012年5月27日

| | コメント (0) | トラックバック (0)

愛・地球博記念公園 1

2005年に開催された、愛・地球博の「長久手会場」の跡地、「愛・地球博記念公園」へ、久しぶりに行ってみました。

かつての北ゲート付近から見た、会場西端の観覧車。
この付近は、手前の企業パビリオン群が無くなっただけで、それ以外は、比較的かつての会場の景観が残されています。

2012_05_27_expo1_1


言わば、博覧会の「テーマ館」だった「グローバルハウス」。建物はそのままですが、元の姿の、室内プールと屋内スケート場に戻されています。

2012_05_27_expo1_2


撮影日:2012年5月27日

| | コメント (0) | トラックバック (0)

モリコログッズ復活!

愛知万博の閉幕で、一度は姿を消したはずのマスコットの「モリゾーとキッコロ」。
しかし、まだ終わっていなかった、モリコロ人気。
グッズの販売が再開されました。

Morikoro_1

そして、ピンバッチは、もう売り切れ・・・ (((^_^;)
この辺は、1年前とそう変わりませんね。

Morikoro_2

写真は2点とも、名古屋駅構内の売店にて。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

モリゾー・キッコロの会話

MorikoroBus

キッコロ「ねえ、おじいちゃん。このバスは、ぜんぜん走らないねぇ・・・。」
モリゾー「そりゃぁ、万博が終わっちゃったからのう・・・。」

キッコロ「おじいちゃんの運転免許って、万博期間中だけだったの?」
モリゾー「・・・。」

トヨタ博物館に”保存”されている、自動走行バス「IMTS」の車内にて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第2のロボ生

愛知万博で人気だった、トヨタグループ館のロボットです。

Toyota_Robot

名古屋にある「産業技術記念館」で、1日3回のステージを演じています。
万博のときは、1,2曲だけの演奏でしたが、こちらでは3曲も披露してくれます。さすが、芸達者? (^^)
しかも万博の時とは、曲目は別です。

ともかく万博のときは、遠くからしか見ることが出来なかったロボットですが、ここでは間近に見ることが出来ます。指の関節の動きが、すごいです。さすがに歩きはしませんが・・・。(歩いてきて演奏してくれたら、もっとすごいけど。)

(ちなみに、2月7日から19日の間は、お休みです。)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

お台場マンモス

なんと、万博ネタ復活です! (^^ゞ

東京・お台場は、フジテレビで"再会"した、マンモス。
Odaiba_Manmoth

写真は、「グローバルハウス:オレンジホール」に展示されていた、マンモスの復元像ですが、あの「冷凍マンモス」も一緒に展示されています。(こちらは、さすがに撮影禁止です。)
万博のときは撮影できなかったマンモス像ですが、こちらは撮影OKでした。

それにしても、ロシアに帰ったはずのマンモスですが、半年もたたないうちに還って来るとは・・・。
ちなみにこのマンモスは、2月いっぱいまでの公開です。

| | コメント (6) | トラックバック (2)

EXPOメモリアル 帽子のコレクション8

「ユカギルマンモス」の帽子。これは、松坂屋の公式グッズショップで買いました。

Expo_Cap_8

冷凍マンモスは、今回の万博最大の目玉展示でした。
”動く歩道”に乗って、たった1分半の観覧時間でしたが。期待通り?/期待はずれ?、本物のマンモスなんて、めったに見ることは出来ませんから。 (^^;

大阪万博のときの話題の展示は、「月の石」や「アポロ」宇宙船でした。もっぱら、”新しいもの”や未来に夢を持っていた時代の展示でした。

今回の愛知万博の目玉展示が、このマンモス。目玉展示もぐっと古いものに、方向転換しました。それ以外にも、「さつきとメイの家」が人気を呼んだり・・・。”新しいもの”=”すばらしいもの”という図式が、崩れた時代の展示でした。いわば、ある種の閉塞感の中の時代の万博。

しかし愛知万博は、”次の一歩”を踏み出す方向を示唆してくれた万博であるともいえます。

長らく続けてきた、一連の愛知万博の記事ですが、今回で一応の最終回とします。 (^^ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧