« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

大江戸線気まま散歩162 代々木 代々木風景

代々木は新宿の隣にあって、懐かしい街が残されている所です。
ここには30年近く前の、懐かしい"東京"が残されています。

一見、ごたごたしているように見えますが、実は心安らぐ風景です。

高層ビルの手前の、果物屋さん。
Yoyogi_5_1_1023


小田急線のすぐ脇にある、銭湯の煙突。
Yoyogi_5_2_1023

撮影日:2010年10月23日

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大江戸線気まま散歩161 代々木 清正の井 拝観その後

さて「清正の井」の拝観を済ませて、「やれやれ」と帰途につきましたが、とたんに、今まで気にも留めなかったものが、いろいろと見えてきました。

遠路のわきに顔を出している、白いキノコの可愛らしさに目が行ったかと思うと、木の幹の不思議な凸凹が妙に意味ありげに見え始めて、そして木の肌の模様が美しく見え始めて・・・

こんな感覚に襲われたのは、初めてです。

その姿に、なぜか心惹かれた木です。
Yoyogi_4_1_1023

参道に降り注ぐ木漏れ日もまた・・・
日の光が、太陽のように丸い形に落ちていて、まるで地上に無数の太陽を敷き詰めたかのような光景。
Yoyogi_4_2_1023

まるで、ごくありふれた身近な物の中に、無限の美を感じ始めてしまったような、不思議な感覚でした。


撮影日:2010年10月23日


| | コメント (0) | トラックバック (0)

大江戸線気まま散歩160 代々木 清正の井

明治神宮御苑の中に「清正の井」があります。

四季を通じで湧水が絶えない井戸ですが、最近は"パワースポット"として有名になってしまって、それこそ訪れる人が絶えなくなってしまいました。

とにかく、この井戸を見るのに整理券が必要です。

Yoyogi_3_1_1023


整理券がもらえて安心していたら、井戸の前はかなりの行列・・・
それも、先頭がなかなか動きません。

結局30分ほど並んでたどり着いたのが、この井戸です。
さすがに、清冽な水が湧き出ていました。

Yoyogi_3_2_1023


この井戸のパワーをもらって、何か私の中にも変化があるのでしょうか?

撮影日:2010年10月23日

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大江戸線気まま散歩159 代々木 明治神宮

代々木駅周辺から、この記事のネタを探して明治神宮までたどり着いてしまいました。

さすがに、この神宮の森は、清々しい空気に満ち溢れています。この感覚は、むしろ新鮮でした。
いつもは、初詣の行列にくっついて歩いているだけだったので、周りの森まで見る余裕が無かったからでしょうか。

社殿の前では、結婚式に遭遇しました。

Yoyogi_2_1_1002


撮影日:2010年10月2日

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大江戸線気まま散歩158 代々木 代々木の踏切

代々木駅の近くに、埼京線の踏切があります。

頭上は山手線のガード、新宿寄りには中央線の高架線があって、電車が頻繁に駆け抜けてゆきます。
まるで、鉄道模型のレイアウトの中に迷い込んでしまったような感覚になります。

Yoyogi_1_1_1002

思えば30年近く前、初めて東京の街をうろついた時、ここの踏切に遭遇して非常に強く"東京"を意識した場所でもあります。

その頃言う所の「国電」と、駅前の雑多な商店街と、その向こうに見える新宿の高層ビル群・・・
いまでは、こんなビルが建っていますが。

Yoyogi_1_2_1023


当時は、もっと新宿副都心のビルが見えていたような記憶がありますが、手前に新しいビルが建ってしまって、
見えなくなってしまったのでしょうか?


撮影日:
1枚目 2010年10月2日
2枚目 2010年10月23日

| | コメント (0) | トラックバック (1)

大江戸線気まま散歩157 国立競技場 新宿御苑4

新宿御苑で、気になるものを2つ。
いずれも、入口にかかわるものです。

「大木戸門」の脇に、小さな洋館を発見しました。
デザインもなかなかしゃれた造りで、只者ではないと思いましたが。
単なる管理等にしては、造りが凝っています。

Kokuritsu6_1_0926

こちらは、新宿御苑の入園券。
繰り返し利用が可能なように、区分と月日の部分が、砂鉄(か何か)で描画されるようになっています。

Kokuritsu6_2_1002


券を傾けると文字ができてくるのが、ユニークです。
ただし、自動改札のようなゲートにこの券を投入すると回収されてしまうので、手元に持っていられる時間はごくわずかです。
実はこの券の写真を撮るために、新宿御苑に再度入園しました。

撮影日:
 1枚目 2010年9月26日
 2枚目 2010年10月2日

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大江戸線気まま散歩156 国立競技場 新宿御苑3

新宿御苑の点景です。

Kokuritsu5_1_0926


Kokuritsu5_2_1002


撮影日:
 1枚目 2010年9月26日
 2枚目 2010年10月2日

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大江戸線気まま散歩155 国立競技場 新宿御苑2

新宿御苑は、かつて農業試験場として使われていました。
それが理由なのか、園内にはいろいろな珍しい樹木も点在しています。

そしてびっくりするのが、そのどれもが、とても大きいこと!
都内で、巨木のパワーを受け取ることができます。

Kokuritsu4_1_1002


Kokuritsu4_2_1002


撮影日:2010年10月2日

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大江戸線気まま散歩154 国立競技場 新宿御苑1

新宿御苑は、かつての内藤家の江戸屋敷をルーツに造られた庭園で、58.3haの敷地に、日本庭園、フランス式整形庭園、イギリス式風景庭園を巧みに配した、都心のオアシスです。

とにかく、その広さとスケールが、他の公園を圧倒しています。

池に影を落とす、新宿の高層ビル群。
Kokuritsu3_1_0926


芝生広場の向こうに広がる、新宿の高層ビル群。
Kokuritsu3_2_0926

撮影日:2010年9月26日

| | コメント (2) | トラックバック (0)

大江戸線気まま散歩153 国立競技場 千駄ヶ谷の富士塚

国立競技場近く、鳩森八幡神社の境内に、「千駄ヶ谷の富士塚」があります。

富士塚とは、江戸時代に流行した人工のいわばミニ富士山。
円錐形に土を盛り上げて、ちゃんと富士山から持ってきた溶岩などを配置しています。

実際に富士山に登ることのできない人のために造られた、いわばバーチャル富士登山体験ができる場所で、
当時の富士山信仰の形として残されています。

Kokuritsu2_0926


ここの富士塚は、都内でも最古のもので、当時の富士塚の形態をよく残しているものだそうです。


撮影日:2010年9月26日

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大江戸線気まま散歩152 国立競技場 国立競技場

今日10月10日は、1964年に第18回オリンピック 東京大会が開催された日。

国立競技場のスタンドの壁面には、大会のシンボルマークと、優勝者の名前が刻まれています。

Kokuritsu1_1_0926


あの日、まるで「世界中の青空を全部東京に持ってきてしまったような」日本晴れの空に響き渡ったファンファーレ・・・。
このスタンドを眺めていると、あの響きが聞こえてくるかのようでした。


競技場前には、IOC70周年の記念碑があります。
肖像は、近代オリンピックの父、クーベルタン男爵(だと思います。(^^;)
Kokuritsu1_2_0926

撮影日:2010年9月26日

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大江戸線気まま散歩151 青山一丁目

青山一丁目駅は、以前「銀座線気まま散歩」シリーズで紹介しています。

あの時にだいぶ回りつくした感があったので、今回は以前の記事の紹介に留めさせていただきます。 (^^;


  ・ 青山通 (2009年11月3日)

  ・高橋是清翁記念公園 (2009年11月7日)

  ・薬研坂 (2009年11月7日)

  ・青山の坂 (2009年11月7日)

  ・青山の路地 (2009年11月7日)

  ・青山一丁目点景 (2009年11月7日)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大江戸線気まま散歩150 六本木 六本木的混沌

色々な人が行きかい、いろいろな物が交差する六本木。
風景も、非常に混沌としています。

無印良人体
Roppongi10_1_0918

カクテル呑んで、酔っぱらった恐竜。
Roppongi10_2_0918

ヒルズのカバ。
一応遊具だそうですが、意外な場所にあります。
Roppongi10_3_0918

ピカソ風美女。
作者・正体・作成意図不明。
Roppongi10_4_0920

撮影日:
1枚目から3枚目 2010年9月18日
4枚目 2010年9月20日

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »