« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

大江戸線気まま散歩9 新宿西口 旧コマ劇場前

何も演歌をイメージしているわけではありませんが、今回の新宿散歩は、なにやら"哀愁"がテーマになってしまいました。それを払拭すべく、エンターテインメントの楽園「歌舞伎町」へ・・・ (^_^;)★\ バキ

「歌舞伎町一番街」のアーチ。
土曜日の朝と言うこともあって、人通りも少なく、がらんとしていました。

0116_shinjukunishiguchi4_1


かつての「新宿コマ劇場」も閉館になって、なにか繁華街の中にぽっかりと空洞が出来てしまったかのようでした。
0116_shinjukunishiguchi4_2


ここから右に曲がって、「花園神社」のほうへ抜けていましたが、やっぱりこの付近は散歩には向きませんねぇ。(((^_^;)


撮影日:2010年1月16日

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大江戸線気まま散歩8 新宿西口 新宿大ガード

「思い出横丁」を抜けたところが、新宿の大ガード。
青梅街道の車の流れが人の流れを引き裂いて、さらに中央線や山手線などの電車が、ガードの上をごうごうと走り去ってゆきます。

0116_shinjukunishiguchi3_2

振り返ると、副都心の超高層ビル群。
0116_shinjukunishiguchi3_1


そしてガードの向こうは、歌舞伎町のきらびやかなネオンの輝き・・・

いわば、もっとも強く「東京」を感じさせてくれる場所です。

私は学生時代、初めて東京の街を歩き回ってここにたどり着いたとき、その賑やかさの中に言いようの無い孤独感を感じたことがあります。

撮影日:2010年1月16日

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大江戸線気まま散歩7 新宿西口 思い出横丁

新宿駅の高架と小滝橋通に挟まれた一郭に伸びる、「思い出横丁」。
人がやっとすれ違えるほどの道幅の路地の両側に、酒場が軒を連ねています。

駅ビルやデパート群や、超高層ビル群などの間に取り残された、この異次元空間。いわばそこだけ"昭和"の雰囲気を色濃く残しています。
やはり「新宿」というと、このイメージ?

0116_shinjukunishiguchi2_2

土曜日の午前中と言うことでほとんどの店がシャッターを下ろしていましたが、それでもこの時間から盛り上がっている店もありました。
まるで冷蔵庫の中のような寒風の吹きすさぶ中、赤提灯の灯りが、ほのかににじんでいました。

0116_shinjukunishiguchi2_1


撮影日:2010年1月16日

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大江戸線気まま散歩6 新宿西口 コクーンタワー

これは、建築なのかオブジェなのか? 直線的なビル街の中で、異様な姿で目を引く、モード学園の「コクーンタワー」。
見る角度によって、微妙にその姿を変えます。

このアングルが、いちばん丸っこく見えます。
0110_tochomae5_3

撮影日:2010年1月10日

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大江戸線気まま散歩5 都庁前 オブジェ群

「新宿住友ビル」の周辺には、他にもいろいろなオブジェがあります。

一番目を引くのが、この「タマ」ちゃんの像。
なんでも太田道灌を襲撃から救ったという猫で、いわば江戸の恩人ならぬ"恩猫"です。
今日、ここに超高層ビルがあるのも、都庁があるのも、この「タマ」ちゃんのおかげ(?)
0110_tochomae5_1


こちらは、宣教師(?)像。「おおビルよ!救いたまえ!」(^_^;)★\ バキ
0110_tochomae5_2

撮影日:2010年1月10日

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大江戸線気まま散歩4 都庁前 恋弁天

全てが直線的で殺風景な、新宿の超高層ビル街。
その中に、粋なご利益スポットがあります。

それは、「新宿住友ビル」前の「恋弁天」。
かつてこの付近は池や浄水場など「水」に関係が深い土地柄、水の守護神として「弁天様」を設置したところ、恋愛成就のご利益があるとのことで、評判になったそうです。

0110_tochomae4_1


その縁で、”縁結びの神様”出雲大社も、隣に祀られるようになったそうです。
こちらが、その出雲大社です。
0110_tochomae4_2


撮影日:2010年1月10日

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大江戸線気まま散歩3 都庁前 ナイアガラの滝

都庁の西に隣接している「新宿中央公園」。そこの「ナイアガラの滝」です。

水しぶきが、冬の日差しにキラキラと光っていました。
0110_tochomae3_1


よく見ると水しぶきの中に、小さな虹が架かっていました。
0110_tochomae3_2


撮影日:2010年1月10日

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大江戸線気まま散歩2 都庁前 都庁展望台

都庁第1庁舎の、北展望台からの景色です。
2つある展望台のうち、東京タワーやお台場方面を眺めるには、南側の展望台の方が良さそうですねぇ。 (^^;
展望台そのものの人気も、「六本木ヒルズ」やお台場の「フジテレビ」あたりに奪われがちな、都庁の展望台です。

しかし、新宿の超高層ビル群を見下ろすこの景観は、ここでしか見ることは出来ません。
0110_tochomae2_1


というわけか?ここに来る観光客も、外国からのお客さんが多いようです。
それをあて込んでか、展望台のお土産グッズも、外人さん向けのものが沢山あって、そういった意味でけっこう興味深いものがありました。

漢字で外国人名を表現した、スタンプです。
0110_tochomae2_2_


ここでは見えていませんが、「澄山(スーザン)」は「Clear Mountain」と、漢字の意味まで書いてあります。


撮影日:2010年1月10日

| | コメント (1) | トラックバック (0)

大江戸線気まま散歩1 都庁前 都庁

去年終了した、「銀座線気まま散歩」シリーズに続き、さらに遠大な連載を開始してしまいました。 (^^;
今回は「大江戸線気まま散歩」。 (((^_^;)

都庁前をスタートして、東京の都心の周りに点在する、非常に個性豊かな街をぐるりと一周する地下鉄、「大江戸線」に乗って、一駅ずつ街の表情を拾ってゆこうと思います。
(今のところ、「都庁前」をスタートして、環状部を一周して「新宿」までを計画しています。)

今回はその第一回目の「都庁前」駅。
大江戸線の運行の中枢でもありますが、いうまでもなく都政の中枢、都庁の本庁舎に直結しています。

この丸い電車が、まあるぃ大江戸線の案内役。
0110_tochomae1_1


都庁第一庁舎の写真は、お馴染みなので、真下から見上げた、迫力の感じられる1枚を載せてみました。
0110_tochomae1_2

撮影日:2010年1月10日

| | コメント (2) | トラックバック (0)

谷中七福神巡り2

谷中七福神は、数ある七福神めぐりの元祖、大元だそうです。
それだからか人気も高く、毎年多くの人で賑わいます。
今年はたまたま平日にお参りすることが出来ましたが、それでも、ここ布袋さんの修性院は、かなりの賑わいでした。

0108_yanaka2_1


私は歩き始めて1時間ほどでここまで来ましたが、お寺の方から「上野出発の人の中で、今日のトップバッターだ」と言われました。 (^^)


こちらは、東覚寺(福禄寿)近くの銭湯。建物の上に建物を継ぎ足したような、ユニークな構造でした。
「千と千尋の神隠し」に出てきた湯屋を、ちょっと思い出しました。

0108_yanaka2_2


撮影日:2010年1月8日

| | コメント (2) | トラックバック (0)

谷中七福神巡り1

毎年恒例としている、「谷中七福神」巡り。
今年の、東京の探索始めです。

スタート地点は、不忍池の弁天堂。
ここから、田端の東覚寺を目指します。

0108_yanaka1_1


4番目に参拝した、谷中の長安寺。ここは、寿老人のお寺です。

お参りを済ませて本堂を出ようとすると、フランス人の子供たちが大挙してやってきました。
一種の社会見学でしょうか? (^^)

0108_yanaka1_2


撮影日:2010年1月8日

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大人顔の金次郎

ひさびさの、おもしろ物件ネタです。

とあるお寺に立っていた、二宮金次郎の銅像。
ずいぶんと勉強している期間が長かったのか、体形が子供で顔だけ大人の顔になっています。
0108_kinjiroh


思慮深いというよりは、生活に疲れたと言った表情です。 (^_^;)★\ バキ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年 この方にお参り

今年初の連休は、初詣のはしごで始まりました。

今年も歩くぞ。
と いうことで、富岡八幡宮前のこの方の銅像にお参りして来ました。
ウォーキングの大先達(?)、伊能忠敬像。
この健脚に、あやかりたいものです。

0109_newyear


| | コメント (2) | トラックバック (0)

あけましておめでとうございます

2010年、新年明けましておめでとうございます。

今年も相変わらず、当「ブログde散歩」ならびに「三歩で散歩」「尾道の歩き方」の各サイトをお引き立てくださいますよう。
お願い申し上げます。

1024_toranomon1

元旦

| | コメント (4) | トラックバック (1)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »