« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

銀座線気まま散歩65 虎ノ門 愛宕山

愛宕山は23区内で一番高い山ではありますが、その近くにたどり着くまで、その存在に気がつくことはありません。周りの人工物の方が、よっぽど高い・・・

おまけにこの小さな山に、トンネルまで作ってあります。この距離を迂回できないほど、人間はせっかちなのでしょうか?
1024_toranomon5_1


こちらの写真は、愛宕山に登るためのエレベーター。
自然の山の登るのに、エレベーターと言うのも、ちょっと驚きです。

1024_toranomon5_2


山の麓には、その高さをはるかに凌駕する高層マンション・・・
人間の造作物を作りたがる欲望には、ほとんど際限が無いようです。

撮影日:2009年10月24日

| | コメント (0) | トラックバック (0)

銀座線気まま散歩64 虎ノ門 愛宕神社

「愛宕山」は、東京都23区内で一番高い自然の山。その山の上に「愛宕神社」があります。
愛宕神社といえば、この参道の「男坂」。
ものすごく急な階段です。遠目で見ると、ほとんど垂直の壁のように見えます。

1024_toranomon4_1


階段の傾斜もさることながら、一段一段の段の高さがハンパではありません。

昔、ここを馬に乗ったまま駆け上がって、駆け下りた人がいたそうです。 (((^_^;)
登ることは、なんとか登りきることは出来ますが、下りの方が大変・・・

真っ直ぐ下るには、かなりの勇気が必要です。

1024_toranomon4_2


撮影日:2009年10月24日

| | コメント (0) | トラックバック (0)

銀座線気まま散歩63 虎ノ門 電停の看板(?)

虎ノ門1丁目交差点の近くで発見しました。かつての都電の電停の駅名板と思われる、看板です。

1024_toranomon3


こんな看板を見ると、どこからか電車の走行音が聞こえてきそうな感じがします。

ただし現在では、「これはバス停ではありません」という断り書きが描いてあります。

撮影日:2009年10月24日

| | コメント (0) | トラックバック (0)

銀座線気まま散歩62 虎ノ門 霞ヶ関ビル

虎ノ門交差点の正面に、「霞ヶ関ビル」がそびえています。

この36階建てのビルは、日本最初の超高層ビルとして、ある世代以上の人には非常に印象が強い存在です。今でも新橋駅方面からは、外堀通の真正面で視界をさえぎるその姿は、非常にインパクトの強い存在です。

1024_toranomon2


とは言うものの、周りに大きなビルが建ってしまったので、だんだんと見分けが付きにくくなってきていますが。

撮影日:2009年10月24日

| | コメント (0) | トラックバック (0)

銀座線気まま散歩61 虎ノ門 虎ノ門交差点

虎ノ門交差点にある、虎の像です。

1024_toranomon1


かつてここに、江戸城の「虎ノ門」と言う名前の門があったことを記念して建てられた像です。

撮影日:2009年10月24日

| | コメント (0) | トラックバック (0)

銀座線気まま散歩60 新橋 日比谷ダイビル

イメージとしては「日比谷」エリアに入りますが、新橋駅からあまり遠くないところに「日比谷ダイビル」があります。
ここの壁面は、こういった面白いお面で装飾されています。

1017_shimbashi5_1


このお面について、私のHPに掲載しましたので、詳しくはこちらをご覧ください。

撮影日:2009年10月17日

| | コメント (0) | トラックバック (0)

銀座線気まま散歩59 新橋 烏森神社

新橋駅のすぐ近くにある神社です。
飲食店街の中に、隠れるように建っているので、路地裏に入り込むような感じでたどり着くことが出来ます。

1017_shimbashi4_1


ずいぶんとモダンと言うか、ユニークな造りの社殿と鳥居です。

手水も、ずいぶんとモダンなデザインです。

1017_shimbashi4_2


撮影日:2009年10月17日

| | コメント (0) | トラックバック (0)

銀座線気まま散歩58 新橋 ガード下

新橋といえば、ガード下の焼き鳥屋。
昼間に通りかかると、ただの薄暗いトンネルにしか見えません。

1017_shimbashi2_1


しかし、このまるで山岳トンネルのように波打つ壁面と、頭上すれすれのアーチ。
都心に開いた、秘密の抜け穴のようです。

1017_shimbashi2_2


この秘密の抜け穴を抜けると、また普通の街に戻ってしまいますが・・・

撮影日:2009年10月17日

| | コメント (2) | トラックバック (0)

銀座線気まま散歩57 新橋 新橋停車場

こちらの建物が、日本の鉄道の"始発駅"である、「新橋駅」です。

1017_shimbashi3


とは言っても、ここは汐留のビル群に囲まれた谷間のような場所。かつての新橋駅は、「汐留」の貨物駅となり、現在は再開発ビルの合間の場所になっています。
駅舎も、かつての停車場の建物を復元したものです。

しかしこの復元駅舎の下に、かつての新橋駅の土台が残されています。

これが、その土台の敷石です。
1017_shimbashi3_2

撮影日:2009年10月17日

| | コメント (0) | トラックバック (0)

銀座線気まま散歩56 新橋 新橋駅

JR新橋駅です。駅の向こうに、汐留のビル群が見えます。

1017_shimbashi1_1


新橋駅前の待ち合わせスポットといえば、このSL。
新橋は日本の鉄道発祥の地とあって、鉄道に関係したモニュメントが、いくつかあります。

1017_shimbashi1_2


その中の一つが、この「鉄道唱歌の碑」です。
碑の手前に、立派な動輪がモニュメントとしておかれていますが、碑の上に置かれているこの汽車のモニュメントは、ちょっと残念な状態になってしまっています。

1017_shimbashi1_3


実を言うと、「鉄道唱歌」に歌われている「汽笛一声『新橋』を」の新橋駅は、ここのことではありません。

撮影日:2009年10月17日

| | コメント (4) | トラックバック (0)

銀座線気まま散歩55 銀座 銀座点景

このシリーズの取材のために、最初に銀座に足を踏み入れたときの感想は、「さて困った、銀座にはブランドショップしかないのでは?」でしたが、けっこう色々なものが見つかりました。

その中で、目に留まったものを2つ3つ拾ってみます。

裏通で見つけた、お洒落な看板
1004_ginza7_1


銀座の「時計台」(和光ではありません)
1004_ginza7_2


セレブなワニ
1004_ginza7_3

撮影日:2009年10月4日、12日

| | コメント (2) | トラックバック (0)

銀座線気まま散歩54 銀座 銀座のお稲荷さん

江戸時代には、江戸に多いものとして「伊勢屋、稲荷に犬の糞」と言うそうですが。 (^^;
銀座の裏通を歩いていると、よくお稲荷さんの社を見かけます。
やはりこの近くの、飲食店の人の信仰を集めているのでしょうか。

1012_ginza6_1


どこも路地の片隅や、ビルの一角などに、ひっそりとたたずんでいます。
中には、ビルの中に"吸収"されてしまったお社もあります。
ビルの屋上に上げられてしまったお稲荷さんもあることでしょうね。

1012_ginza6_2


しかし写真を撮ろうと見ていると、けっこうひっきりなしにお参りの人が現れて、それもけっこう時間をかけてしっかりとお参りをしていきます。どこも掃除も行き届いていて、中には油揚げがお供えされていて・・・

1012_ginza6_3


お参りしていく人は近くのお店の店主か、もしくはスナックのママさんか、ひょっとしてデートの成功を祈る恋人か・・・?
銀座の裏道に息づく、人間模様を想像してしまいます。

撮影日:2009年10月4日、12日

| | コメント (0) | トラックバック (0)

銀座線気まま散歩53 銀座 三原橋地下街

銀座4丁目交差点から、「歌舞伎座」方面へ行く途中に、この「三原橋地下街」があります。
地下街と言っても、地下鉄の「銀座」駅と「東銀座」駅を結ぶ地下道につながっているわけでもなく、「晴海通」をちょっと潜っているだけといった構造です。しかし、日本で2番目に古い地下街だそうです。

1004_ginza5_1


かつてここにあった、川と橋をそのまま利用した地下街だそうですが、一種独特の雰囲気があります。
地下街の中には、映画館と、何軒かの飲食店があります。

地下街の出口から、"地上"を覗いた景色。
1004_ginza5_2


撮影日:2009年10月4日

| | コメント (0) | トラックバック (0)

銀座線気まま散歩52 銀座 銀座のクラシック建築

前回の「奥野ビル」に続いて、お約束(?)の、クラシック建築シリーズです。

「中央区立泰明小学校」。銀座にある、公立の小学校です。
関東大震災後に、鉄筋コンクリートで建造された校舎です。
上部が丸くアーチを描いた窓枠や、玄関付近の装飾が独特です。なんと言っても、蔦の絡まる外観が、風格をかもし出しています。

1012_ginza4_1

交詢社ビル。
実業者の社交場として、昭和4年に建てられてビルでしたが、今では新しく建て替えられて、ファッションビルになっています。
しかし正面に、かつてのビルの入り口部分が残されています。

1012_ginza4_2


撮影日:2009年10月12日

| | コメント (0) | トラックバック (0)

銀座線気まま散歩51 銀座 奥野ビル

銀座1丁目にある、「奥野ビル」。昭和7年に、当時としては超モダンなアパートとして建てられたビルですが、今でもそのモダンなスタイルで、周囲に異彩を放っています。
そのアーティスティックな雰囲気が気に入られているのか、多くの画廊が入居しています。

1004_ginza3_1


写真が上手く取れなかったので、残念ながら載せていませんが、ここはなんといっても、そのエレベーターがとてもユニークです。なにせ、乗る時に外側のドアと、内部の箱のドア(それも、蛇腹があるだけ)を、手で開けて乗らないといけないので・・・。乗るのにちょっと勇気が要ります。 (((^_^;)

最上階の、屋上へ出る階段。影が、面白い模様を描いていました。
1004_ginza3_2


撮影日:2009年10月4日

| | コメント (0) | トラックバック (0)

銀座線気まま散歩50 銀座 銀座通り

そして銀座といえば、ブランドショップ。
σ(^_^)には、縁のない場所です。 (((^_^;)

1004_ginza2_2


最近は、外国人観光客の姿も、よく見かけるようになりました。
この通でカメラを構えている人といえば、もう外人さんばかり。
その中で写真を撮りまくっている私は、もう、浮きっぱなし。

1004_ginza2_1

しかしショーウィンドウの中には、思わずカメラを向けたくなるようなディスプレイもあります。

伊東屋の色鉛筆の見本
1004_ginza2_3


撮影日:2009年10月3日

| | コメント (0) | トラックバック (0)

銀座線気まま散歩49 銀座 銀座4丁目

この連載シリーズも、いよいよ銀座に突入しました。
さて銀座といえば、この景色。銀座4丁目交差点です。
4丁目交差点角に建つ、三愛ビル。夜景のネオンが、美しいです。

1004_ginza1_1


そして向かい側に建つ、和光の時計台。

1004_ginza1_2


片や、今見ても超モダン(というか、未来的)な円筒形のグラスタワーと、片や重厚なルネサンス様式のビル。
どちらもこの街の、進取の気質と伝統を重んじる気質の両面を象徴しています。

撮影日:2009年10月4日

| | コメント (0) | トラックバック (0)

銀座線気まま散歩 番外 京橋

ポスターの、張替え作業中。

1003_kyohbashi4


撮影日:2009年9月22日

| | コメント (0) | トラックバック (0)

銀座線気まま散歩48 京橋 ブリヂストン美術館

東京駅の八重洲口から真っ直ぐ伸びる道沿いにある、「ブリヂストン美術館」。
都心の散策や買い物の途中に、気軽に立ち寄ることの出来る美術館です。

1003_kyohbashi3_1


1003_kyohbashi3_2


展示室も、それほど広すぎるほどではなく、館内を一巡するだけで疲れるということはありません。
展示されている美術品も、印象派や近代絵画を中心にした、いわば"お馴染み"の画家の作品が多く、
あまり肩肘張らずに絵画を鑑賞することができます。

私事ですが、中学校の美術の教科書に掲載されていた作品に、ここの所蔵作品が多く含まれていたので、
ある種の懐かしさを感じさせてくれる美術館でもあります。

撮影日:2009年10月3日

| | コメント (0) | トラックバック (0)

銀座線気まま散歩47 京橋 クラシック建築

京橋は、各企業の本社が集中している地域です。
その本社ビルの中には、時代を経たクラシックな建築のものもあります。

その中の代表格が、この「片倉工業」本社ビル。
どっしりとした外観と、細部の細かい装飾が見事です。

1003_kyohbashi2_1


こちらは、「明治屋」ビル。
銀座線の「京橋」駅にも直結していますが、いかにも古き良き時代のアメリカ映画を思わせるような雰囲気です。

1003_kyohbashi2_2


撮影日:2009年9月22日(2枚目)、10月3日(1枚目)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

銀座線気まま散歩46 京橋 京橋と警察博物館

あと一跨ぎで銀座に入るという場所に、かつての「京橋」がありました。
現在は、その柱が記念碑として残されています。

この京橋跡の碑の向こうに見えているのが、「警察博物館」。

1003_kyohbashi1_1


玄関前では、等身大(?)の「ピーポ君」人形が、出迎えてくれます。
さすがピーポ君の"本拠地(?)"とあって、前に立つとちゃんとしゃべってくれます。
それも立ち位置に連動して、「いらっしゃいませ」と「ありがとうござました」を言い分けてくれます。

「せんとくん」の例に倣って、お約束(?)のピーポ君のどアップ写真
1003_kyohbashi1_2


撮影日:2009年10月3日

| | コメント (0) | トラックバック (0)

銀座線気まま散歩45 日本橋 日本橋高島屋

日本橋の北と南。三越本店と、クラシックな百貨店の双璧をなしている、高島屋の建物です。

0922_nihombashi5_1


個人的には、装飾過多の感のある三越に比べて、一貫したデザインで統一されている、この高島屋の建物の方が好きです。ただその分、突っ込みどころが無いのが、玉に瑕(?) (^_^;)★\ バキ

高島屋の北側、すなわち事務所入り口に面して、小さな路地がありました。
黒いスーツを着こなして、頭をオールバックに撫で付けたような紳士が、この路地に消えていきます。

0922_nihombashi5_2


喫茶店の奥から、杖をステッキのように使いこなしながら歩く、紳士が現れたりしました。
0922_nihombashi5_3


この路地自体が、高島屋のバックヤード的な場所なのか?そんな思いを抱かせてくれる場所でした。

撮影日:2009年9月22日

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »