« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

品川宿の旅 7

品川宿の今を代表する風景と言えば、この船溜まりです。
屋形船と木造家屋と、その向こうに広がる巨大ビル群。

Tokaido3_1

しかし、こんなものも見つけました。
品川の公園に、唐突に巨大な鯨・・・

Tokaido3_2

昔、品川沖に巨大な鯨が出現したと言う事件にちなんだもののようです。

しかし亀に始まり、狛犬、パンダと続いて鯨に終わる。動物つながりの品川宿の旅でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

品川宿の旅 6

旧東海道沿いに、看板建築の店舗を発見しました。

Tokaido2

軒先がモザイク状の銅版で覆われ、壁面はスクラッチタイル。
2階の窓枠のデザインと言い、看板の書体と言い、とても風格があります。
右側の窓が、一部羽目板になっているのが残念ですが。

1階部分と2階部分が、向きが微妙にずれているのが、なんともユニークです。
しかし、ずれている理由は?

| | コメント (0) | トラックバック (1)

品川宿の旅 5

旧東海道へ出ました。
かつての品川宿と言っても、建物はすっかり建て替わっていて、宿場のなごりはほとんど残されてはいません。
ぱっと見、東京では良く見かける商店街といった雰囲気ですが、道幅や曲がり具合は昔のままだそうです。

Tokaido1_1

交差点の名前も、「東海道」を冠しています。

Tokaido1_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

品川宿の旅 4

「品川富士」頂上からの景色です。バーチャル富士山とはいっても、眺めはなかなかのものです。

Shinagawaskape

高架線は京浜急行。その向こう側の家並みが、かつての品川宿です。
昔は海に面した宿場だった品川宿ですが、今ではそのずっと向こうまで埋立地が広がっていて、海は全く見えなくなっています。

正面の高層ビル群が、「天王洲アイル」。「レインボーブリッジ」も少しだけ見えます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

品川宿の旅 3

「品川富士」は、本物の富士山の溶岩を運んできて築いた、いわばバーチャルの富士山。
ここへ登れば、実際に富士山へ登ったのと同じご利益が授かると言うので、江戸時代に盛んに築かれたものの一つです。

登山道の入り口では、パンダが戯れていました。(^^;

Shinagawafuji_1

山頂近くの祠の前では、猫が昼寝をしていました。

Shinagawafuji_2

実際に富士山へ行くことの出来ない人にも開かれた、バーチャル富士山ならではの、のどかな風景でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

品川宿の旅 2

品川神社の陶器製の狛犬。
金網をかぶせられて、逃げられないようになっています。

Komainu

逃げないようにするためか、噛み付かないようにするためか・・・
金網越しに、むなしく吠えています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

品川宿の旅 1

旧東海道の「品川宿」。久しぶりに歩いてきました。
今では宿場らしい面影はほとんどありませんが、道の風情がかろうじて、かつての東海道筋の雰囲気を残しています。

写真は品川神社前の石。

Kame

大きな亀のような形をしています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

腹鼓

今日は3月3日。
それにちなんで、ひな祭りネタです。

Hinamatsuri

この三人官女の一人、持ち物が違っているような気がしますが・・・。

| | コメント (6) | トラックバック (1)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »