« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

居酒屋幽霊

居酒屋の前に立つ、猫を引き連れた着物姿の美女(?)・・・ (((^_^;)

Onomichi_Yurei

顔出し看板にしては、立っている場所が尋常ではありません。
彼女の足元は、地下道だし・・・

撮影地:尾道

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日の乗りました記録

馬込-(地下鉄浅草線)-泉岳寺-(地下鉄浅草線)-新橋-(JR京浜東北線)-東京
ブリジストン美術館を目指すも、開館前。
日本橋-(東京メトロ東西線)-大手町-(東京メトロ千代田線)-北千住-(つくばエクスプレス)-秋葉原
秋葉原-(JR総武線)-飯田橋-(東京メトロ東西線)-九段下
神田神保町で昼食。
淡路町-(東京メトロ丸ノ内線)-東京

以上、なんとも一貫性の無い行動でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ゲストブック

ブログの記事に関係なく、ホームページ全体について、
ご意見・ご感想などを、このページにコメントしてください。 (^^)

| | コメント (16) | トラックバック (0)

尾道の”元”映画館 続報

以前ここのブログで紹介した、かつて尾道で最後まで残っていた映画館の現状です。

<前回の記事>

入場券売場の壁一枚隔てた裏側は、現在ではガレージとして使われているようですが、映画館時代を思わせる壁紙が残っています。派手な天井は、パチンコ店時代の名残でしょうか?

Onomichi_eiga_1

道路に近い場所に、洗面所の跡が残っていました。

Onomichi_eiga_2


| | コメント (1) | トラックバック (0)

呉の旅10:アレイからすこじま2

「アレイからすこじま」の一郭に、クレーンが残されています。
かつての軍港時代に、魚雷の揚げ降ろしに使用されていたものだそうです。

Kure_10_1

歯車の部分に、思い切り接近してみました。

Kure_10_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

呉の旅9:アレイからすこじま1

かつては、「海軍工廠」の中心部だった場所。現在は、自衛艦や潜水艦を間近に見ることが出来る公園です。

中央に見えている桟橋は、映画「男たちの大和」で桟橋のシーンが撮影された場所です。

Kure_9_1

この桟橋自体は、海上自衛隊の施設なので、立ち入ることは出来ません。有刺鉄線で、非常に物々しく警戒されています。 (((^_^;)

たまたま2艘、自衛艦が停泊していました。

Kure_9_2

しかしこんなところで、怪しげな男が写真をパチパチと撮っていたしりて、怪しまれないかしらと、わけも無く思ってしまうσ(^_^)でした。つかの間の、スパイ気分? (^_^;)★\ バキ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

分かりやすいキャラ

一目で何処のキャラか分かります。
p505is0003932413.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トヨタ発祥の地はトマソンだらけ

かつての豊田紡織の工場跡を利用して開館した「産業技術記念館」。
いわば”世界のトヨタ”発祥の地です。

ここの赤レンガ工場の壁面にあるのは、"塗り壁""無用窓"に"屋根の痕跡"。
いわば、トマソンのオンパレードです。 (^◇^;;

Toyota_Tomason_1

よく見ると、この壁面そのものがトマソンと化しています。
上の写真の壁面を、横に回りこんで撮った写真です。

Toyota_Tomason_2

こうなってくると、トマソンなのかモニュメントなのか・・・。この両者の境界線は、非常にあいまいである事になります。
"無用"なものを、"意図して残した"のが「モニュメント」で、"意図に反して(もしくは気づかないまま)残ってしまった"のが、「トマソン」というべきなのでしょうか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

第2のロボ生

愛知万博で人気だった、トヨタグループ館のロボットです。

Toyota_Robot

名古屋にある「産業技術記念館」で、1日3回のステージを演じています。
万博のときは、1,2曲だけの演奏でしたが、こちらでは3曲も披露してくれます。さすが、芸達者? (^^)
しかも万博の時とは、曲目は別です。

ともかく万博のときは、遠くからしか見ることが出来なかったロボットですが、ここでは間近に見ることが出来ます。指の関節の動きが、すごいです。さすがに歩きはしませんが・・・。(歩いてきて演奏してくれたら、もっとすごいけど。)

(ちなみに、2月7日から19日の間は、お休みです。)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »